①建物構造~軽量鉄骨~

①建物構造~軽量鉄骨~

こんにちは。

本日は、建物の構造についてです。

特徴等について書いていきます。


軽量鉄骨造のメリットは、

・費用が安い(木造よりはわずかに高い。あくまで目安です)

・工場で製造し、現地で組み立てるので工期が短い

・建築費が安いので家賃設定も低めにできる(近年の流行は初期費用にお金をかけたくない人が多い)

おおまかにこの三つです。

対して、デメリットですが、

・法定耐用年数が短い(27年)ので、大規模修繕等が必要になる期間が早い

・強度・耐震性に劣る

・遮音性が劣る(SRC・RCに比べると)

と言われています。


最近はこういった軽量鉄骨(プレハブ工法とも呼ばれている)物件も増えましたね。
単身世帯に多いのも費用が安く、耐用年数が短い為、入れ替わりの激しい1R・1Kに多いのかもしれません。


無理に家賃を高くしなくても良いからではないでしょうか。

構造だけでもターゲットが見えてきますね。

もちろん、軽量鉄骨だからファミリー層は狙えないというわけではありませんが、
特徴をしっかりと活かすなら、単身向けが良いのかもしれません。


次は、SRCとRC構造について書きます。

  • Google+

PageTop